2018年度支部研究会 2018.5.20 会場:ワ・ラッセ(青森市)

テーマ:レリーフ

レリーフとは、「浮き彫り」のことを言います。

絵画などの平面的な表現と、彫刻などの立体的な表現の丁度中間にあり、その双方の性格をそなえています。レリーフは、平面と立体の中間にある表現であり、起伏のある構成を作るものです。

※支部研究会は、会員であればどなたでも参加できます。草月会青森県支部では、定期的に研究会を開催しております。

草月会青森県支部展 2016.9.18~9.19

会場:八戸ポータルミュージアムはっち